東京都立川市羽衣町3-3-25 1階北側
090-1604-9271
chief@ishihana.jp

サンプルページ

石ころで人をつなげる~日本のロックバランシング第一人者からのご提案

今、注目されているロックバランシング

大人の皆さんは“ロックバランシング”にどんなイメージをお持ちですか?

「子供の頃にやった」「石を好きに積み上げる」「石を積むだけで面白くない」
そんな概念を変えるのが“石花アート”です。
「石花」はロックバランシングの和名として石花会が定めました。【ロックバランシングと違うの?】
芸術的に石を積み上げる行為という意味では、石花アートもロックバランシングも同じです。 海外にも、石花アートと呼ぶべき作品を仕上げるアーティストがいます。
もちろん、小石の卓上作品をロックバランシングと言うと違和感ありますね。それは石花が適切でしょう。
「花」にまつわるイメージは世界各国それぞれにあり、我々日本人にとって「花」と言えば桜であり、はかなく散るものですね。 また、生け花や花札・花合わせ、花暦など、様々な日本独特のイメージがあります。
“石花アート”も、そのような日本独特のイメージとして、世界中に受け入れられることを願っています。

石花アートの魅力

【誰でもできる】
石花は、ちびっこからお年寄りまで、費用をかけずに誰でも楽しめるアートです。
よく「もの凄い集中力を要する」云々と評価されますが、最初からもの凄い集中力を発揮して、もの凄い作品を創る必要はありません(笑)
石ころをひとつ、石の上に立てることから始めてみてください。
「立つわけない」と思いながらも、グラグラ揺れる石ころを、両手で少しずつ調整していると、あるときピタリ!と石が立ちます。その瞬間が、石花創作のもっとも面白く、オイシイところです。

【どこでもできる】
主に海外では以前から、ロックバランシングは戸外のアートとして認識されていました。
ロックバランシングにおいては、大自然(人の手が加えられていない野生環境)において、その時そこにある石を使うことを基本としています。
もちろん私たちにとってもそれが理想ですが、日本において可能でしょうか?
私たちの国土は、海も山も川も、いたるところコンクリートだらけです。遠出するには、高額な交通費や酷い渋滞を覚悟しなければなりません。
その点、石花は「宅積み」も推奨しています♪ お気に入りの石ころさえ拾ったら、手の空いた時間で、気軽に自宅で石花アートはいかがですか?
石花の宅積みは、盆栽や生け花を連想させ、海外においても概ね好評を得ています。

始めやすい
絵が苦手な方でも、多くの方が子供の頃やった事があるので入りやすく楽しめます。
上達しやすい
適切な指導の下、プロのデッサンが成された用紙で行う塗り絵は、生徒さん自身が想像している以上に上達していきます。
続けやすい
絵画と異なり、道具も簡単なものでよく、いつでも、どこでも出来る塗り絵は継続がしやすいメリットがあります。
老若男女問わず、塗り絵は楽しめるものですが、とりわけデイサービスやホーム施設、シニア向けのサークルなどで喜ばれている点の一つは、作品を見た時の家族など周りの方の反応です。

そこそこの作品を気を使って褒められるよりも、予想以上の出来に驚きがある反応で褒められるのは全然違います。もっと上達したいとモチベーションを作りやすいのも塗り絵教室の魅力と感じています。

これはサンプルページです。同じ位置に固定され、(多くのテーマでは) サイトナビゲーションメニューに含まれる点がブログ投稿とは異なります。まずは、サイト訪問者に対して自分のことを説明する自己紹介ページを作成するのが一般的です。たとえば以下のようなものです。

はじめまして。昼間はバイク便のメッセンジャーとして働いていますが、俳優志望でもあります。これは僕のサイトです。ロサンゼルスに住み、ジャックという名前のかわいい犬を飼っています。好きなものはピニャコラーダ、そして通り雨に濡れること。

または、このようなものです。

XYZ 小道具株式会社は1971年の創立以来、高品質の小道具を皆様にご提供させていただいています。ゴッサム・シティに所在する当社では2,000名以上の社員が働いており、様々な形で地域のコミュニティへ貢献しています。